ステンレスの切削加工や難削材加工、NC旋盤加工、マシニング加工の株式会社 ヤナギサワ

事業内容

description of business

ステンレス加工

ステンレスと鉄を比較した場合、時間の経過とともに鉄は酸化して錆びてしまいますが、ステンレスは非常に錆びにくい性質を持っています。
ステンレスの“ステン”とは錆びるという意味があり、“レス”は “~しない”、という意味ですから、ステンレスは錆びないという意味になります。
このような性質をもったステンレスには様々な種類があり、用途も広く生活には欠かすことのできない金属です。
弊社では、自動車部品、特にエンジンに燃料を供給したりする製品の部品の加工を行っています。これらの部品もいろいろなステンレス鋼が使用され、熱処理等も行われ用途に見合った性質を持たせて使用されます。

難削材のNC旋盤加工

様々なステンレス鋼は、鉄と比較して削りにくい性質を持ち合わせています。
これらの材料は難削材と呼ばれています。
難削材とは、材料そのものが加工しにくい材料(ステンレス鋼、チタン合金、超耐熱合金など)、発火しやすい材料(マグネシュウムなど)、被削性の不明な材料(新素材、複合材料など)のことを言い、難削材の持つ特性により工具が破損したり、寸法が出ないといった諸問題が発生します。

弊社では、1972年NC旋盤1号機を導入して以来、NC旋盤による切削加工技術を蓄積し、NC旋盤加工においてはお客様に高い信頼を得ています。
また、マシニングセンター、各種研削機等も使用することで、お客様の様々な要求を満たす高品質な製品をお届けしてまいります。

確かなクォリティを支えるのは、
蓄積されたノウハウと豊かな経験から生まれるテクノロジー

クライアント・ニーズをどのように満たして、確かな製品として完成させていくか。それは、ひとつの素材に命を吹き込んでいく“作業”が連続されて成し得ることです。その背景には、多くの機械設備を研究・開発から改良、そして徹底した品質管理までにこだわるヤナギサワの、蓄積されたノウハウと豊かな経験に裏打ちされた、高度な技術の総合力が結集されているのです。

株式会社ヤナギサワでは1938年より切削加工一筋70年の歴史と経験があります。
特にステンレス材の小物の加工には絶対の自信があります。
常に新しい技術の習得に取り組み、チタンやインコネル、ハステロイなど難削材の加工も行っております。
今後も多様化するお客様のニーズにお答え出来るよう技術を高めて参りますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

多種多様なニーズに応えるフレキシブルなシステムと、効率化を図った生産管理体制。

ヤナギサワ独自の生産ラインシステムは、当社技術スタッフが作業形態に合わせて研究・開発、改良を重ねたもので、多種多様なユーザーニーズに迅速に対応できる体制となっています。たとえば、生産管理システムの充実を図るために生産ラインの効率化をすすめ、省力化、自動化を実現。より高品質で高信頼性の製品づくりを可能にした生産管理体制を確立しています。さらに、こうした体制を元に限界コストへの挑戦も続けてまいります。

国内外での高い評価と揺るぎない信頼をいただく基本は、妥協を許さない品質管理の徹底。

ヤナギサワが国内だけでなく海外においても高い評価をいただく背景には、大きな理由があります。これまでの蓄積されたノウハウや高度な技術力は、もちろん第一にあげられるものでしょう。しかしその根本にあるのは、創業以来妥協を許さない品質向上への真摯な姿勢にほかなりません。これは、常に時代を見据え、時代を一歩リードしてきたヤナギサワだからこその誇りともいえるものです。こうした全社あげての理念が、多くのお取り引き先である企業の揺るぎない信頼を築きあげてきたのです。